学校法人こばと学園 読谷こばと幼稚園 のホームページです。


保育理念

読谷こばと幼稚園

学校法人こばと学園の運営するこばと幼稚園は、学校法人法に基づき運営を行う。子どもの人権や主体性を尊重し、子どもの最善の利益のために、保護者や地域と協力しながら、児童の教育のために、家庭養育の補完を行う。なお、職員は家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ、児童の養護と教育がー体となった保育を行うために、知識の習得と技術の向上に努める。

笑顔ほっこり 元気いっぱい!」

笑顔は幸せのサイクルが回り出す万能薬、ほっこりは暖かい心、元気は何事にも果敢に挑戦すること。このキャチフレーズのもと、楽しい園生活をおくれるようにしよう。

教育の基本方針

読谷こばと幼稚園

職員が保育に臨む基本的姿勢は、安全教育・健康教育・愛情教育を3つの柱に掲げ、人権を尊重しプライバシーを保護する。また、常に子どもの幸せを願い、保護者からの意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をし、よりよい教育のために努力研鐙することを基本とする。


保育目標

豊かな情操の中で調和のとれた心身の発達を図り、一人1人の児童が将来幸せな生活の出来る礎を築く。

素直で明るい子ども

○「はい」「いいえ」を素直な心で言える
○元気よ<友達と遊ぶ
○感動し、驚き、疑問を持ち、考え表現できる


がまんのできる子ども

○相手を尊重し、思いやりのある心を持つ
○仲間の中で、自分の主張を言うことができ、話し合いを持ち、力を合わせることを大切にする
○一人と人との繋がりの中で、決まりを守る大切さを知る


自分で考えて行動する子ども

○言葉への興味や関心を持ち、思考力・表現力を身に付ける
○自然に対する興味や関心を持ち、見て感じた事を表現し、想像力や感性を身に付ける
○自分の行動を予測し、結果を恐れずに困難に立ち向かう


自分でできる子ども

○一身の回りのことは、自分でできるようにする
○食事、排泄、睡眠、着脱、清潔など、正しい習慣を身に付ける
○手助けを求める友だちがいたら、適切な援助を自ら進んでする


職員の心得

(1)いつも笑顔で
(2)いつも節度を持って
(3)思いやりの心で
(4)研究心を持って
(5)積極的に


保育の三原則

(1)手を離しても目を離すな
(2)常に人数の確認を
(3)不在の時は代理人を置く


教育内容

読谷こばと幼稚園

①日々のカリキュラムは児童の年齢に応じ、
 園長・主任保育士・保育士が協議して決める
②健康観察は、顔色・体温・皮膚の異常の有無・会話による発声などにより、
 登園時・降園時を定時とし、保育時間中は随時行う
③清潔、外傷、服装等の異常有無については、毎日降園時に個別検査を行う
④健康観察及び個別検査の結果については、必要に応じ適切な処置をとる
⑤自由遊びは、「音楽リズム」「絵画制作」「お話」「自然観察」「社会観察」「集団遊び」等を含む
⑥午睡、おやつの支給が必ず含まれるよう配慮する
⑦定期健康診断は、1回以上実施する
⑧歯科検診を年1回実施する
⑨交通安全教室・防犯訓練を年1回実施する
⑩消防訓練を毎月行う

<外部講師による学習>
体育 年長・年中・年少 対象
英語 全クラス 対象
伝統芸能 年長 対象
エイサー・獅子舞 年長・年中・年少 対象
リトミック 全クラス 対象
水泳 年長・年中・年少 対象